サブメニュー

あまり車に乗らない人は

100万円の車を購入するのであれば、100万円を支払うのが当然です。マイカーローンを組む際も、100万円分のローンを組むのが一般的ですよね。

 

しかし最近、あらかじめ下取り金額を決めておき、その分支払い総額を減らそうという「残価設定ローン」が注目を集めています。では、残価設定ローンに向いている人はどんな人なのでしょうか。

 

あまり車に乗らない人は、残価設定ローンに向いていると言えます。

 

実は、最初に約束した下取り価格で下取りしてくれる保証はどこにもありません。残価設定ローンで購入した車を事故でぐしゃぐしゃにしてしまったら、当然ですが約束通りの下取り価格は実現しません。最悪ゼロ査定の可能性もあります。

 

車がぐしゃぐしゃではないにせよ、通常の買取と同じように、残価設定の下取りにも細かい査定基準があります。

 

走行距離や外装の傷などがその対象となっています。特に注意をしたいのが走行距離で、街乗りだろうと高速道路中心だろうと関係なく、走行距離が一定以上になってしまうと下取り価格が大幅に減額されてしまうのです。

 

そうなれば、減額分はユーザーが支払わなければなりませんので、あまり車に乗らない人は残価設定ローンに向いているともいえますね。

 

自分にとってどのようなローンが適しているかを判断するためにも、しっかりとしたマイカーローンの比較検討を進めておく必要があります。