サブメニュー

セダン購入者は向いている可能性

残価設定ローンというマイカーローンは銀行などの金融機関では取り扱っておらず、車を取り扱っている自動車ディーラーならではのマイカーローンの選択肢です。

 

ローンを組む際に、あらかじめ3~5年後の下取り価格を設定しておき、その分をローンの支払いから差し引くというローンであるとはトップページでも散々説明をしていますが、今では多くの車種に残価設定ローンが対応しており、中でもおすすめ車種はセダンです。

 

車には、ボディタイプによってセダンやミニバン、SUVなどがあり、排気量や駆動方式によって軽自動車やハイブリッドカーなどがあります。

 

同じような程度の車であっても、車種によって買取業者での買取価格も異なります。ミニバンや軽自動車、ハイブリッドカーは比較的買取価格が高いのですが、セダンの買取価格は低めに設定されています。

 

同じセダンでも、ボディカラーやハイブリッドの有無などによっても買取価格は微妙に変わってきますので、さらに買取価格が低くなる可能性も。特に、残価設定ローンを利用する価値があるのは、ハイブリッドが搭載されていない人気のなさそうなカラーのセダンを購入した方。

 

残価設定の下取りは買取ほどシビアな査定ではないので、下取り価格がかなりお得なこともあるからです。

 

ただし中古車を購入する際には利用ができないので、中古車の場合には中古車で借りられるマイカーローンを探すようにしましょう。