サブメニュー

毎月の返済額を抑えたい人

車を購入する人はマイカーローンを利用するのが一般的ですが、お金のすべてをマイカーローンに集中投下すればいいわけではありません。マイカーローンよりもさらに大きな買い物である住宅ローンを抱えていれば、そちらを最優先にしなければなりません。

 

また、お子さんを抱えていれば毎月の学費などの支払いもありますし、日々の生活にもお金は必要です。

 

同じマイカーローンを組むにしても、できるだけ毎月の生活への負担が少ない方がいい、そうお考えの方は残価設定ローンがおススメです。

 

123万円の車を通常のマイカーローンと残価設定ローンで36回払いに組んだとき、通常のマイカーローンは毎月35000円程度の返済をしなければなりませんが、残価設定ローンならば23000円程度で済みます。

 

残価設定ローンは、仮に車を下取りに出さなければ下取り分の支払いもしなければならないため、結果的には支払総額が増えてしまいます。ただし、それは残価設定期間が来るまでに考えれば済むこと。

 

毎月の支払い額が12000円程度も異なるのであれば、その浮いた分のお金を別のことに使ったり、貯蓄に回したりすることもできます。

 

毎月の返済額を抑えたいなら、残価設定ローンです。ただし最終的な支払い金額となると話は別となるため、どのようなプランでマイカーローンを利用したいのかをよく考えるようにしましょう。

 

その結果、金融機関で借りるネット銀行のマイカーローンが良いと判断できれば、まずはネットでの仮審査申し込みを進めてください。低金利のネット銀行のマイカーローンなら、残価設定型よりも最終的な支払い負担は減らせる可能性があります。