サブメニュー

例えば100万円の車を購入するとして、手持ちの現金でも足りなければ、あるいは手持ちの資金を生活資金に充てたいときには、マイカーローンを利用するのが一般的です。

 

普通のマイカーローンでは、頭金なしで100万円の車を買おうとすると、当然ながら100万円を借りなければなりません。しかし、最近自動車ディーラーを中心に注目を集めているマイカーローン「残価設定ローン」では、この限りではありません。

 

 

残価設定ローンとは?

一昔前、トヨタのCMでこども店長が「トヨタ3年分ください!」と、かわいらしく言っていたシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。あれが「残価設定ローン」です。

 

残価設定ローンとは、ローン終了後の車の下取り額(残価)をあらかじめ設定しておき、それを差し引いた金額をローンで組むという、新しい形のマイカーローンです。

 

例えば、200万円の車を購入しようとしても、通常のマイカーローンでしたら200万円を丸ごとローンでくまないといけません。しかし3年後に80万円で下取りをするという残価設定ローンでしたら、200万円から80万円を差し引いた120万円だけをローンで返済していけばいいのです。

 

ローンによる金利負担も、これならばある程度抑えられるというわけですね。

 

もともとの金利負担が低いjaマイカーローンの契約金利も注目を集めていますが、金利負担を考えて借りるなら様々なマイカーローンを見ておくと良いのです。

 

残価設定期間が来たらどうするか?

多くの自動車ディーラーでは、残価設定ローンの期間を3~5年に設定しています。その間にローンも完済できるようにローンを組んでいくのですが、ローンの残価設定期間が来たらどうすればいいのでしょうか。

 

まずは、約束通り車を下取りしてもらう方法です。通常通り車に乗っていれば、下取りしてもらうことによって追加の支払いは発生しませんが、車は手元には残りません。

 

それでは困るという方には、最初に残価設定ローンで購入した車を買い取ると言った方法もあります。これでしたら乗り慣れた愛車を手放す必要もありませんが、設定された残価分は支払わなければなりません。

 

買い取る際の残価分は、原則としてローン返済の最終回に一括で返済を求められます。一括で支払えないとなれば、当該ディーラーのマイカーローンを改めて組んで、残価を分割払いで返済していく方法もあります。

 

同じディーラーで気に入った別の車があれば、下取りしてもらったうえで別の車に買い換えても構いません。ただしその際、改めてマイカーローンを組まなければなりませんが。

 

残価設定ローンと通常のマイカーローン、どちらがお得?

では、残価設定ローンと通常のマイカーローン、どちらがお得なのでしょうか。車両本体価格123万円の車を36回払いし、通常のローンの金利を年2.2%、残価設定ローンを年3.9%に設定して比較してみましょう。

 

通常のマイカーローン
・毎月の返済額:35338円×35回
・最終月返済額:35333円
・支払総額:127万2163円

 

残価設定ローン
・初回返済額:24218円
・毎月返済額:23000円×34回
・残価設定額:52万7144円
・支払総額:133万3362円

 

実は、残価設定ローンの金利は、通常のマイカーローンの金利よりも低くはありません。

 

マイカーローンと残価設定ローンの大きな分かれ目は、残価設定期間に車を下取りしてもらうかどうかにあります。もしそのまま下取りしてもらうのであれば、80万6218円の支払い総額となり、通常のマイカーローンよりもはるかに支払い総額となります。

 

通常のマイカーローンを組んで、3~5年後に買取業者に買い取ってもらおうとしても、50万円程度の買取金額がつくかはわかりません。残価設定ローンで車を買い取るとなると、残価設定ローンは不利なローンとなります。

 

マイカーローンを探している方は残価設定型がオススメとして評されているのを見たことがあるかもしれませんが、実際には全てにおいて残価設定型が優れているわけではありません。デメリットも存在しているため、マイカーローンを組む際にはマイカーローンの口コミや評判もしっかりと確認をするようにしましょう。